女性の大敵!デリケートゾーンの臭いの原因と正しい洗い方

女性にとって、深刻な悩みでもあるデリケートゾーンの臭い。でもその割には、その原因や対策、お手入れ方法など、誰も教えてくれないですよね。

お友達同士でも、あまり話題にしないデリケートな部分の問題なので、仕方がないのかもしれません。そこで今日は、女性のデリケートゾーンの臭いの原因や対策などをご紹介しましょう。

入浴中の女性

  • デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンは、実に複雑な構造をしています。その入りくんだところに、おりものなどがこびりついた垢や、残った尿やトイレットペーパーがこびりついてしまいがちです。そして大陰唇には、汗腺も多く、きちんと手入れしないでおくと、臭ってしまうのです。

正しいデリケートゾーンの洗い方

ですから、毎日の入浴時に正しいお手入れをすることが大切です。まず、デリケートゾーンを洗うときは、ナイロン製のタオルなどではなく、石鹸をよく泡立てて、指の腹をつかい優しくあらってあげましょう。指で洗うことで、入りくんだ構造の隅々まできれいにすることができますよ。

洗う順番ですが、前から後ろに向かって洗っていき、最後が肛門になるようにしましょう。肛門についた菌が、膣部分に付着しないようにするためです。

洗い方の図

忘れてはならないのが陰毛です。陰毛の部分もしっかり泡立てて洗ってあげましょう。指をつかって陰毛をとかすようにすると、するっと何本か陰毛が抜けるでしょう。こうしておくと、あとで下着や床に抜けた陰毛がついてしまうことが少し減ると思います。

毎日しっかりとデリケートゾーンをケアすることは重要なのですが、だからといって、指を膣内部まで入れて洗う必要はありませんよ。膣内は常に弱酸性に保たれていて、雑菌の侵入や繁殖を防ぐ自浄作用があります。

せっかく自分で浄化する力を持っているのに、毎日石鹸で丁寧に洗ってしまうことで、自浄作用が低下する危険性がありますから気をつけましょうね。

またデリケートゾーンを洗うときには、肌に優しい天然成分の配合されたマイルドなものを使いましょう。殺菌成分などが入った強いものだと、肌のために必要な菌もやっつけてしまうことがあるからです。

  • 指の腹で優しく洗う
  • 前から後ろに洗う
  • 陰毛をとかすように洗う
  • 天然成分の優しいもの

デリケートゾーンの臭いがもっとも気になるのは生理中ではないでしょうか。臭うのでごしごし洗いたくなる気持ちも分かりますが、生理中はいつもよりもデリケートな状態ですから、普段以上にマイルドに洗ってあげましょう。生理の終盤でしたら、ビデなどを使い膣内をきれいにすることもおすすめします。

どうしたらなくなる?誰にも聞けないデリケートゾーンのニオイ

uhsu

ニオイに関する話題ってなかなか相手を選びますよね。

気心知れた友達相手なら「夏って足がくさくなるよねー」くらいの話はできるかもしれませんが、それが口臭やわきが、ましてやデリケートゾーンのこととなると、なかなか人に話せません。

ただ、思い切って打ち明けてみると「私も悩んでいる」という反応がほとんど。

そこで今回は、大半の女性がかかえているデリケートゾーンのニオイ問題について、傾向と対策を考えていきたいと思います。

 

何故デリケートゾーンは臭うのか?

そもそも何故デリケートゾーンは臭うのか?
細かい分類をすっとばすと「高温多湿」。原因はこれに尽きます。

osjois

  • アンダーヘアが多くて蒸れてしまう。
  • ストッキングが密着しすぎて蒸れてしまう。
  • 何らかの理由でオリモノが多く蒸れてしまう。

それぞれきっかけは異なりますが、結局は下着の中が高温多湿の状態になることによって、雑菌が繁殖し、ニオイが発生します。梅雨の部屋干しと同じ原理です。
そのため、湿気が増し、暑くなり始める梅雨ごろからニオイが気になるという方も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンは臭いを改善するために

では、デリケートゾーンは臭いを改善するためにどうすれば良いのか?
「高温多湿」を引き起こす原因を一つずつつぶしていきましょう。

アンダーへアを処理してすっきり

アンダーヘアの量は人と比べることができず、自分の毛が多いのではないかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?
これは非常本当に個人差のある問題なので、この際悩むのはやめましょう。
アンダーヘアは女性の大切な部分を守る必要な毛です。少なければ良いというものではありません。

一方で、トイレに行くときに邪魔だと感じたり、痒みや蒸れを感じたら…ニオイ問題の原因になってしまっているかもしれません。

通常のかみそりや毛抜きにより自己処理は、かえって皮膚を傷つけてしまう可能性があるので避けましょう。
自己処理ならアンダーヘア用のカミソリ(ボリュームをなくすすきバサミのようなもの)が出ているので、そちらを使うと良いでしょう。

プロのお願いする場合、ブラジリアンワックスなど手軽な脱毛方法もあります。
これは松ヤニなどの天然の糊を用いて気になる箇所の毛を一気に抜く方法です。
光脱毛やレーザー脱毛と違い、永久性はありませんが、施術を受けてから2週間程はかなり快適に過ごすことができます。
再び生えた際も、心なしか毛が薄くなっています。

自分に合った処理方法を見つけ、蒸れの原因であるアンダーヘアをすっきりさせましょう。

ストッキングはあえて手を抜いて

夏場のストッキングも蒸れの大敵です。
最近は足を格好よく見せる着圧タイプなども出ていますが、こういったタイプは足だけではなく下着も密閉してしまいます。
汗をかいてしまい、ウエストのゴムがかゆい、不快だけどなかなか脱げない…そんな経験はみなさん覚えがあるのではないでしょうか。

着圧も大切ですが、伸縮性を出すために化学繊維が多く含まれています。
これは通気性との両立が難しいのも事実です。

あえてストッキングは手を抜き、圧の弱いものや通気性の良いものを選びましょう。
どうしてもかっこよく見せたい!むくみがつらいので着圧以外履けない!という方は太ももまでの靴下タイプを着用するのが良いでしょう。
極力陰部を圧迫しないものを選びましょう。

オリモノは原因追求から

オリモノに関しては、原因によって対策がことなります。
たとえば生理前など、ホルモンのバランスにより量が増えるというもともとの体質であれば、オリモノシートを利用しこまめに替えることが大切です。

一方で、今までオリモノの悩みはなかったのに急に量が増えたという場合などは注意が必要です。
衛生面の問題や、疲労による免疫力低下で引き起こされる「カンジダ膣炎」などの可能性があります。
命に関わるものではもちろんありませんが、放っておくと婦人科系の病気を引き起こす原因になることもあります。
もし不安な場合は一度婦人科で検診を受け、お薬をもらいましょう。

ニオイは時としてこういった、自分の体の不調のアラートになります。
くさい、は何かのサインかもしれないので、見落とさないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
エチケットとしてももちろん、健康のためにも重要なニオイのケア。
次気になった時は、原因を考えながらいろいろ試してみてくださいね!