女性の大敵!デリケートゾーンの臭いの原因と正しい洗い方

女性にとって、深刻な悩みでもあるデリケートゾーンの臭い。でもその割には、その原因や対策、お手入れ方法など、誰も教えてくれないですよね。

お友達同士でも、あまり話題にしないデリケートな部分の問題なので、仕方がないのかもしれません。そこで今日は、女性のデリケートゾーンの臭いの原因や対策などをご紹介しましょう。

入浴中の女性

  • デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンは、実に複雑な構造をしています。その入りくんだところに、おりものなどがこびりついた垢や、残った尿やトイレットペーパーがこびりついてしまいがちです。そして大陰唇には、汗腺も多く、きちんと手入れしないでおくと、臭ってしまうのです。

正しいデリケートゾーンの洗い方

ですから、毎日の入浴時に正しいお手入れをすることが大切です。まず、デリケートゾーンを洗うときは、ナイロン製のタオルなどではなく、石鹸をよく泡立てて、指の腹をつかい優しくあらってあげましょう。指で洗うことで、入りくんだ構造の隅々まできれいにすることができますよ。

洗う順番ですが、前から後ろに向かって洗っていき、最後が肛門になるようにしましょう。肛門についた菌が、膣部分に付着しないようにするためです。

洗い方の図

忘れてはならないのが陰毛です。陰毛の部分もしっかり泡立てて洗ってあげましょう。指をつかって陰毛をとかすようにすると、するっと何本か陰毛が抜けるでしょう。こうしておくと、あとで下着や床に抜けた陰毛がついてしまうことが少し減ると思います。

毎日しっかりとデリケートゾーンをケアすることは重要なのですが、だからといって、指を膣内部まで入れて洗う必要はありませんよ。膣内は常に弱酸性に保たれていて、雑菌の侵入や繁殖を防ぐ自浄作用があります。

せっかく自分で浄化する力を持っているのに、毎日石鹸で丁寧に洗ってしまうことで、自浄作用が低下する危険性がありますから気をつけましょうね。

またデリケートゾーンを洗うときには、肌に優しい天然成分の配合されたマイルドなものを使いましょう。殺菌成分などが入った強いものだと、肌のために必要な菌もやっつけてしまうことがあるからです。

  • 指の腹で優しく洗う
  • 前から後ろに洗う
  • 陰毛をとかすように洗う
  • 天然成分の優しいもの

デリケートゾーンの臭いがもっとも気になるのは生理中ではないでしょうか。臭うのでごしごし洗いたくなる気持ちも分かりますが、生理中はいつもよりもデリケートな状態ですから、普段以上にマイルドに洗ってあげましょう。生理の終盤でしたら、ビデなどを使い膣内をきれいにすることもおすすめします。